ひと言英会話 Vol.8 Autumn Rain


rainboots台風に引き続き、秋雨前線が活発化!ということで、雨が降り続いています。雷、強風、強い雨…とふんだり蹴ったりなお天気です。

そんな今日は、お天気に関する英語を一挙にご紹介していきます!



スポンサーリンク

【まずは聞いてみよう】
How’s the weather today?
-今日お天気どうですか?

中学校で毎回聞かれてたよ!という人も多いのでは?これはこのまま使えます。明日以降の天気を聞きたいときは、willを使って未来形に。

How will the weather be tomorrow?でOKです。

【お天気用語】

晴れ:sunny / fine / good / nice / beautiful / clear

日本語で言う「本当によいお天気ですね!」は、”It’s really sunny!”よりも、”It’s beautiful weather!”などを使うとネイティブ感がUP。また、sunnyはsunの派生語なので、太陽が出ている時間帯にしか使いません。夜、よいお天気(雲がない状態)を指す場合は、clearを使うと良いでしょう。

 

雨:rainy / heavy rain(豪雨) / light rain(小雨) / evening shower(夕立) / misty rain (霧雨)/ spring rain (春雨)/ autumn rain(秋雨)/ rainy season(梅雨)

雨にも色んな種類がありますよね。日本語は表現力豊かな言語ですが、英語でも言い表すことができます。ちなみに、秋雨前線= Autumn rain front。梅雨前線はa seasonal rain frontなどと言い表します。雨がひどい時は、It’s terrible!(ひどいお天気だよ!)と付け加えると、人間味が増しますね(笑)。

 

曇り:cloudy

これはシンプル。入道雲はcumulonimbus cloud / a bank of clouds など。秋によく見られるうろこ雲やひつじ雲のことを、英語では mackerel sky(鯖雲)と呼ぶそう。やっぱり魚っぽいんですね!

 

その他、雪(snowing )、霧がかった(misty/ foggy)などもありますが、また今度。

Eigo GEEKでした icon-smile-o

 

 

+ There are no comments

Add yours