ひと言English vol.34 ぼーっとしなよ


こんにちは。

台風前のフェーン現象で気温がぐんぐん上がって、ちょっと買い物に出ただけでぐったり・・・そんな日に限って、やらないといけないことが山積みで、イライラしたりしませんか?

仕事や家事に追われて、自分の好きなことが出来ない日が続くと、人間誰しもしんどくなっちゃいますよね。ほんとはゆっくりカフェで本を読んだり、おいしいごはんをじっくり味わいたい・・・。でもそんな時間ない!

そんな時私は、カモミールティーなどを入れて、電気を消して、キャンドルだけつけて「ぼーーーーーっと」します。なるべく何も考えないように、10〜15分ほどただただお茶を飲んだり、ストレッチしたりして過ごします。それでもどうしても頭のなかで考え事が絶えないようであれば、無理やり呼吸だけに集中。自己流Meditation(瞑想)タイムです。



スポンサーリンク

そうやって頭の中のモヤモヤやごちゃごちゃしたものを、一度クリアにすると、今自分がやるべきことがクリアに考えられるようになります。TOEIC試験対策のために、単語を覚えたりする前にやると、ちょっと記憶力があがっているような気もします。

昔からアニメやドラマなどで、「ぼーっとしない!」と叱られるシーンがありますが、私はこの「ぼーっとする」時間ってすごく大切だと思います。なので、もし仕事に追われて忙しそうにしていたり、ストレスが溜まったりしている誰かを見かけたら、こう声をかけるようにしています。

It’s okay to space out for a while.

to space out=「ぼーっとする、集中力を失う、忘れる」 と、本来はちょっとネガティブな意味なんですが、このネガティブな意味を打ち消すために使えるのが、”It’s okay“というひと言。「〜してもいいんだよ」という、相手をなだめるというか、相手に余裕を持たせてあげたいときに使います。「大丈夫だよ」と訳すと、しっくりくるかもしれませんね。

for a while は、「少しの間」という意味なので、全体で見ると「ちょっとの間ぼーっとしたっていいんだよ」という 英語の意味になります。

今は夏休み前でウキウキわくわくな気持ちが高まっている人も多いと思います。こういうときって、どうしても集中力が少なくなってしまって、ミスをしてしまいがち。頭をすっからかんにして、フレッシュな気持ちで何かに取り組んでみてはいかがでしょうか。

keiko

▼ブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします◎
にほんブログ村 英語ブログへ

 

 

+ There are no comments

Add yours