ひと言English vol.33 かんぱ〜い!


こんにちは!イラストレーターのkeikoです。

お盆休みまで一週間をきりましたね。みなさんは山の日から6連休派?はたまた有給つかって10連休?いや、サービス業だから長期休暇なんて関係ないよ〜派?

ちなみに私は微妙にサービス業につき、お盆休みは3日間だけ・・・。ただ、期間中は客足遠そうです。その間にイラストいっぱい描いて、英語の勉強もちょっとしたい。

さて、土曜日だし、夏真っ盛りだし、ビアガーデンに行くよっていう人も多いのでは?BBQもいいですね。キンキンに冷えたビールをぐびっと飲み干したい気分。(と言っても私も夫も、アルコールダメなので、飲むのはいつもキンキンに冷えたお茶かお水なんですけど)

久しぶりに実家に帰省して、昔の友人に会うっていう人もいそうですね。駅前の居酒屋なんかで集まって、飲みながらワイワイ。いいな、こういうのも夏の風物詩な気がします。



スポンサーリンク

さて、みんな集まれば、やっぱり飲み会ですよね。そこで今日は、「乾杯!」のひと言をご紹介しますね。

Cheers!

このフレーズは、聞いたことがある人も多いのでは。ドラマや映画でも、よく聞いていると出てきます。一般的に乾杯の音頭として使われるひと言です。

ちなみに、イギリスでは「乾杯!」という意味だけでなく、「ありがとう」「じゃあね」など、会話を終えるときの締め言葉のような感じで使う人も結構いるようです。イギリス人の友人とチャットで話していて、最後に”cheers!”と言われた時は、ちょっとびっくりしました。(カナダ人はあまりこういう使い方する人を見たことがなかったので)

ちなみに発音は→→→ icon-play-circle-o

Bottoms up!

Bottom=底、up=上げる で、「グラスの底を上げろ!」という意味から「乾杯!」の掛け声のひとつとして使われています。Bottomsと複数形なのは、友達など複数で飲んでいるからでしょうね。”Raise your glasses!“という人もイます。

発音は→→→  icon-play-circle-o

To your future!

「君の将来に乾杯!」といった感じでしょうか。このTo your〜は、他にもいろいろ使い方があります。To your health!など、乾杯の目的に合わせて言葉が変わるかもしれません。もとは、”Here’s to your future!“という文章なので、オリジナルの文章が使われることも。

Toast!

日本ではパンでおなじみのトーストですが、実はほかにも幾つか意味があるんです。その1つがこの「乾杯!」。”Here’s to your future!“ 「乾杯しましょう!」という呼び掛けなどにも使われます。ちなみに、冠詞aなしでは、「トースト(パン)を作る」と意味になってしまうのでご注意!

発音は→→→ icon-play-circle-o

乾杯する時は

とにかく元気よく声を出しましょう。「周りはどれを言うんだろう・・・!?」なんて不安に思う必要は一切ありません。不安なら、Cheers!を使っておけば間違いないでしょう。お酒が入ると、いつもより英語が上手になった気分になりますよね。このおおらかな気持ちもとても大事。飲み過ぎは禁物ですが、自分の殻を破るために、外国人が集まるバーなどに出かけてみるのもおすすめですよ!

ということで、今日は「乾杯!」の英語をご紹介しました。ぜひ使ってみてくださいね!

keiko

▼ブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします◎
にほんブログ村 英語ブログへ

 

 

+ There are no comments

Add yours