ひと言英会話 Vol.26 To go please!


togoplease

海外で試したいこと、と言えば・・・

おしゃれなカフェや公園で、テイクアウトしてきたサンドウィッチを食べること!!!

という人、結構いると思うんですよね。私もそうでした。

でも、意外とテイクアウトって難易度高い!スタバやサブウェイならまだしも、地元ならではの美味しいものってたくさんあるから、初めて挑戦するときは緊張してしまいますよね。



スポンサーリンク

何が難しいって、店員さんが早口のことが多い。メニューをばばばばばっと聞かれるんだけど、なんて答えたらいいのかもわからず、イライラされてることがわかる!なんてこともよくあります笑

そこで、今日はまずテイクアウトの第一歩を学びましょう。

テイクアウトもできるし、イートインもできるお店では、まず入店して店員さんの前に立つと、必ずこれを聞かれると思います。

For here, or to go?

こうやって文字に書き出すと、なんとなくわかるような気もしますが、早口で「フォーヒアーオアトゥゴー?」と言われると、パニクる人も多いです。

これは、「店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」と聞かれています。日本語ではかなり丁寧に聞きますが、英語ではとても省略されてますね。「ここで食べる?持ってく?」みたいな軽い感じで聞かれます。

なので、返事もかる〜くしちゃいましょう。

To go please!“もしくは”For here please!“だけでOK。

ちょっとまって、テイクアウトは通じないの?

うーん、意味はわかってくれると思いますが、ナチュラルな表現ではありません。向こうからテイクアウト、と言われることはほぼないので、To goで覚えておくのがいいと思います。一度使ってしまえば、その後も自然と口から出てくると思います。旅行や留学でぜひ試してみてくださいね!

 

Eigo GEEKでした icon-smile-o

+ There are no comments

Add yours