ひと言英会話 Vol.22 A flower for you


flower

日本語にあって、英語にない言い回し。

英語にあって、日本語にない言い回し。

もちろん、その他の言語にあって、英語にも日本語にもない言い回しもあります。

今日は、ちょっと日本語の美しさに触れてみたいと思います。

留学やワーホリに行ってみて、よく人が感じることのひとつに、「日本文化ってやっぱりいいな」ということがあると思います。海外に憧れて憧れて日本を飛び出してみたら、意外と日本のいいとこに気づいた!という人も多いのではないでしょうか。

私も逆カルチャーショック、とまではいかなくても、ことばの多様さに驚いたのを覚えています。

例えば、「木漏れ日」。英語には直訳できる単語がないので、”sunlight that filters through the leaves of trees“と訳したりするのですが、これだとあの「チラチラと光が漏れてくる、繊細な感じ」がまったくないと思いませんか?



スポンサーリンク

そして、ものの数の表し方も然り。日本語には、ものを数えるときにそれぞれ単位がありますよね。一台、一本、一冊、一枚、一回・・・日本人でも知らない単語があるくらいで、外国人にとっては日本語学習における難関だろうな〜とも思います。

その中でも私は、花を数えるときの単位の繊細さを、英語で表現出来たらいいのにな〜と思うことがよく有ります。

日本語だと、一輪、一本、ひとつ、一個、一片、ひとむら、ひと束、一把、ひと枝、一朶(いちだ)と、花の形や切り花、束ねたものなどで単位が変わります。

が、基本的に英語は、ひと言!(だからひと言英会話なんだけど笑)

“a”

以上。大雑把!(笑)

もちろん束になると、a bunch of flowers(たくさんの花)などと表しますが、これもなんだか大雑把な感じがします。

 

「一輪の花を君に。」

これを英語にすると、A flower for you.

うーん、まあシンプルだしいいんだけど、やっぱり「一輪」という言葉には勝てないと思うのは私だけかな。

Eigo GEEKでした icon-smile-o

+ There are no comments

Add yours